次回より『ヒデログ』とご検索ください

【初心者向け】Pythonでできること3つと学習方法は?

ひでひろ
ども、ひでひろ(@hidehirotw)です。Pythonでできることと勉強法をまとめました。

Pythonでできること

Pythonって何が出来るの?
ひでひろ
Pythonで出来ることって言ったらやっぱりAI関連だよね。
Pythonには、他の言語と異なりAI(機械学習・ディープラーニング)を実行できるライブラリがそろってます。そのため、初心者でもすぐにAI関連のプログラムを実行することができます。

Pythonと言えばAI、AIと言えばPythonというくらいPythonとAIの結びつきは強いです。

他の言語でもAI関連を扱うことはもちろん可能ですが、Pythonの場合は便利なモジュール(関数)がオープンソースで多数用意されていて、自作する必要がありません。

AI(機械学習・ディープラーニング)

ひでひろ
シンプルな例を紹介するよ。
以下のソースコードは線形回帰のプログラムです。Y=a*x_0+b*x_1+3の式で係数のa,bを算出するプログラムです。

# 配列を読み込むライブラリ
import numpy as np
# 線形回帰を行うライブラリ
from sklearn.linear_model import LinearRegression
# x_0,x_1の読み込み
X = np.array([[1, 1], [1, 2], [2, 2], [2, 3]])
# Y=a*x_0+b*x_1+3を定義
y = np.dot(X, np.array([1, 2])) + 3
# 線形回帰で計算
reg = LinearRegression().fit(X, y)
# 係数表示
print(reg.coef_)
# array([1,2])
# Y = 1*x_0 + 2*x_1 + 3

# 特定の値でY値を算出
print(reg.predict(np.array([[3, 5]])))
# 16

コード解説

データ分析ライブラリ(numpy)と機械学習ライブラリ(sklearn)をインポート。対象となる変数を設定し、回帰する設定し、線形回帰しています。

本来であれば、10行目のところreg = LinearRegression().fit(X, y)の計算を自分で行うプログラムを組む必要があります。

ですが、その必要はなくライブラリを使用して簡単に計算できるようになっています。

他言語だと?

他の言語であれば、この係数を算出するために最小二乗法を使って計算するプログラムを作らなくてはいけなくなります。

それを作ることなく自動で行ってくれます。このようなライブラリがたくさん無料で使用することができるので、PythonでできるAI(機械学習・ディープラーニング)になります。

スクレイピング

ひでひろ
スクレイピングが出来れば業務効率もアップできます
スクレイピングをするための専用のライブラリが用意されています。

スクレイピングをするためのライブラリを使用することでWebページを取得後、特定のタグの情報を取得を簡単にするライブラリがあります。

# Webサイトの情報を取得するライブラリ
import requests
# Webサイトの情報をhtmlとして変換するライブラリ
from bs4 import BeautifulSoup

# https://hidehiroblog.comの情報を取得
r = requests.get("https://hidehiroblog.com")
# 取得した情報をhtml形式に変換
soup = BeautifulSoup(r.content, "html.parser")
print(soup.find("h2"))
# <h2>「ひでひろ」のプロフィール詳細</h2>

コード解説

スクレイピング用のライブラリ(requests,BeautifulSoup)をインポートし、対象URL(https://hidehiroblog.com)を設定して、取得したいタグ(h2)の取得を行っています。

非常にシンプルな直感的にわかりやすいコードになっています。

Webアプリ

ひでひろ
PythonでもWebアプリを作ることができます
PythonでWebアプリを作るには、Pythonだけでも可能ですが、フレームワークを使うのが一般的です。複数ありますが、有名なフレームワークとしてFlask、Djangoがあります。

Flaskの最低限の使い方に関して次のページで解説していますので、参考にしてください。
【Python入門】Flask入門「Hello World!」が表示されるまでを解説

Pythonを勉強する方法

Pythonってどうやって勉強すればいいの?
  • Udemy
  • スクール

本で勉強

ひでひろ
根気がるけどがんばって、低コストでやりたい人向けです
まずは、Pythonがどういうものか触れてみて、徐々に難しい本を読んでいくことがいいでしょう。

がっつりPythonの勉強をやりたい人向けの本です

機械学習

機械学習のライブラリの使い方を網羅的に勉強できるので、Pythonの勉強が終わった人におすすめの本です。

ディープラーニング

Googleが開発したディープラーニングのライブラリ「Tensorflow」の使い方について学ぶことができます。

ディープラーニングの中身をしっかり勉強できます。ディープラーニングがブラックボックスにならずに、どのように計算されているのかしっかり学ぶことができます。

結構難しそう

動画で勉強

ひでひろ
動画で勉強する方法もあるよ
動画で勉強するにはUdemyが一番おすすめです。定価で買うと高いですが、しばしば割引を行っているのでそのタイミングで買うのがいいです。
  • メリット:耳からの情報でも勉強できるので頭に入りやすい
  • デメリット:単発の口座なので体系的に勉強できない

Python

Pythonの使い方を初歩から分かる動画です。全部で28時間の動画になっています。これだけ勉強すればPythonに関しては十分知ることができます。
»現役シリコンバレーエンジニアが教えるPython 3 入門 + 応用 +アメリカのシリコンバレー流コードスタイル

python

機械学習

機械学習のメインとなるライブラリscikit-learn」について学ぶことができます。
»Pythonで機械学習:scikit-learnで学ぶ識別入門

ディープラーニング

ディープラーニングを体験してみたい人におすすめの動画です。

ディープラーニングがそもそもどういうものなのか、そして、Pythonでどうやってやるのかを知りたい人にお勧めになります。

動画の名前の通り「ディープラーニングの体験」ができます

»【4日で体験!】 TensorFlow, Keras, Python 3 で学ぶディープラーニング体験講座

スクレイピング

Pythonでスクレイピングを勉強したい人におすすめ。

  • 自動ログイン
  • データの自動抽出
  • ランキングサイトから情報収集
が勉強できます。実践的な内容ですので、業務にもすぐに活用することができる内容です。

»PythonによるWebスクレイピング〜入門編〜【業務効率化への第一歩】

スクールで勉強

自分で独学するより、エンジニアに教えてもらえるスクールの方が圧倒的に学習効率は高いです。お金はかかりますが、時間を買うと思えば安いと思います。

ひでひろ
コストはかかるけど、時間を節約するという意味ではやっぱりスクールがおすすめ、オンラインでできるスクールを紹介します。
  • メリット:分からないところは質問ができる人がいる
  • デメリット:費用が掛かる

Python

ひでひろ
TechAcademyではPythonを基礎からしっかり学ぶことができます。
Pythonの基本的な使い方と、機械学習の基本的な内容を学習できます。講師はIT業界歴20年超の人がいるので実践的です。

勉強できること

  • Pythonの基本的な構文からAIを扱えるようになる力を身に付けられる
  • 機械学習の中の「教師あり学習」に焦点を当てて、AIの技術を身に付けられる

»TechAcademy(Pythonコース)

AI(機械学習・ディープラーニング)

ひでひろ
今注目のAIエンジニアになるためのスクールです
»Aidemy:AI(機械学習・ディープラーニング)を本格的に学べる

Aidemyでは、たった3ヶ月で未経験から実務で通用するAIスキルが身につきます。一人一人に合ったオーダーメードでコースがカスタマイズ可能なのであなたに合ったカリキュラムを組むことができます。

以下の4つのコースから選択でき、時間が余れば他のコースも学習できるという意欲がある人にはおすすめのスクールです。

  • AIアプリ開発コース
  • データ分析コース
  • 自然言語処理コース
  • LINEチャットボット開発コース
無料オンライン相談があるので、一度相談だけでもしてみることをおすすめします。

»Aidemy:AI(機械学習・ディープラーニング)を本格的に学べる

確かにプログラミングスクールで学ぶとお金が本や動画で学ぶより高額になります。

しかし、実際にしっかり勉強してスキルを身に着けることができるは、投資したお金はすぐに回収可能です。時間を無駄にせず、勉強していくにはスクールが断然おすすめです。

AIエンジニア:年収700万円~1000万円超
この年収をもらえるのであれば、スクールで素早くスキルを身に着けて、転職するのが独学で時間を掛けずに学習するのが早いです。
AIエンジニアは給料がとても高いんだね

おすすめスクールまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です