次回より『ヒデログ』とご検索ください

【php初心者】3分で分かるwhile文とdo-whileの使い方と違い

php

この記事を読むとわかること「whileとdo-whileの使い方と違い」が分かります

whileとdo-whileの使い方と違い

whileとdo-whileの使い方と違いを説明します。

whileの使い方

<?
$i=1;
    while($i<4){ // $iが4未満の時にwhileの中が実行される
    echo "{$i}番目";
}
>

do-whileの使い方

<?
$i=1;
    do{
    echo "{$i}番目";
    $i++;
}while($i<4); // $iが4未満の時にdoの中を実行する
>

両方とも結果は同じで以下のようになります。

実行結果
1番目
2番目
3番目

whileとdo-whileの違い

whileとdo-whileの違いは最初を必ず実行するかしないかです。次の例を見てみましょう。

<?
$i=1;
    while($i<1){
    echo "{$i}番目"; //表示されない、whileでの判定は実行前だから
    $i++;
}
>
実行結果
(何も表示されない)
<?
$j=1
    do{
    echo "$j番目"; // 表示される、whileでの判定は実行後だから必ず1回目は実行される
    $j++;
}while($j<1);
>
実行結果
1番目

このような結果になるのでwhile文のことを前置判定、do-while文のことを後置判定と言います。

まとめ

while文(前置判定)とdo-while(後置判定)の使い方と違いを説明しました。

大きな違いはwhile文では最初に条件判定をして、do-while文では最後に条件判定をします。ですのでdo-while文では最初は必ず実行されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です