次回より『ヒデログ』とご検索ください

【PHP超初心者】3分で分かるprint_r関数の全ての使い方が分かる

php

ひでひろ
phpでよく使われるprint_r関数について説明するよ。

print_r関数の使い方

print_r関数の使い方を説明します。print_r関数は主に配列で使うと威力を発します。

文字列・数字

文字列や数字に対してはprint関数と同じ動作をします。また、戻り値もprint関数と同じで1です。


print_r('a'); // a
print_r(1) // 1

配列

配列に対しては、配列のキーとなる数字とその要素を出力します。


$person=['田中','佐藤','鈴木','高橋','渡辺'];
print_r($person);
実行結果
Array
(
[0] => 田中
[1] => 佐藤
[2] => 鈴木
[3] => 高橋
[4] => 渡辺
)

$fruits = array('a' => 'apple', 'b' => 'banana', 'c' => 'cherry');
print_r($fruits);

連想配列

連想配列に対しては、配列のキーとその要素を出力します。

実行結果
Array
(
[a] => apple
[b] => banana
[c] => cherry
)

まとめ

print_r関数の使い方を説明しました。print関数と違い配列の内容を表示させることができます。

ひでひろ
3分で分かる内容だったでしょ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です