次回より『ヒデログ』とご検索ください

【PHP超初心者】3分で分かるprint関数の全ての使い方が分かる

php

ひでひろ
phpで超基本のprint関数について説明するよ。3分で分かる内容だから見て行ってね。

print関数の使い方

print関数の使い方を説明します。

文字列を取得

printの使い方です。どれも書き方は違いますが、全く同じ結果を返します。

<?
print 'hello world';//hello world
print "hello world";//hello world
print ('hello world');//hello world
print ("hello world");//hello world
>

変数・配列を使う場合

<?
$i="test"; //変数
print "$i"; //test
print '$i'; //「$i」 と出力されるから間違わないように
print "test is $i"; //test is test
print "test is ".$i; //test is test
//配列
$j=array("key" => "test");
print "test is {$j['key']}";//{}で囲わないとエラーになります
>

HTMLの中では

HTMLないでもPHPは使用することができます。<?>で括ってあげればそのままPHP言語を使うことができます。

<html>
<head>
<title>Title</title>
</head>
<body>
<?
print 'hello world';
>
</body>
</html>
実行結果
hello world

echoとの違いは?

echo との主な違いは、 print が単一の引数のみ受け付け、常に 1 を返すことです。 PHP マニュアル

何のことか全く分かりません。実際にやってみましょう

<?
$i=print "a";
print $i;//1 print関数は常に1を返すので
print "a","b","c";//エラーになる
echo "a","b","c";//abc と出力できる、printはエラーだった
$j=echo "a";// 値を返さないのでエラーになります
>

まとめ

print関数の使い方を紹介しました。

ひでひろ
3分で分かる内容だったでしょ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です